リサイクル
日本の現状



日本の循環型社会形成推進基本法(大量生産、大量消費、大量廃棄社会を資源循環型の社会に変えるための法)には、「再生利用とは、循環資源の全部又は一部を原材料として利用すること」と定義されている。
また、法の中ではリサイクルが自己目的化しないよう、リデュース(抑制)、リユース(再使用)の次にくるものとして位置づけられている。 言い換えれば、「大量消費-大量リサイクル」のシステムでは循環社会の目的に合致しないからである。
資源の有効な利用の促進に関する法律では、アルミ缶、スチール缶、ペットボトル、紙製容器包装、プラスチック容器包装、小型二次電池、塩化ビニル樹脂製建設資材については、リサイクル識別表示マークの表示を義務付け、製品が廃棄されたときに容易に分別収集して資源として再利用できるようになっている。
日本では古くから紙のリサイクルが行われているが、ほかにもぼろ布、アルミ缶、スチール缶、ガラス、蛍光灯電池類、ペットボトル、タイヤ、食用油などがリサイクルされている。
ペットボトルリサイクルは容器包装リサイクル法の施行以後、生産量=消費量が増加し、「大量消費-大量リサイクル−大量焼却(回収分の94%)」であることが現状


売買中古査定リサイクルTOP

Copyright (C)
リサイクル
日本の現状
All Rights Reserved.